• ホーム
  • 低品質なページはGoogleアップデートで低い評価となる

低品質なページはGoogleアップデートで低い評価となる

Googleアップデートされるたびに、ガイドラインも変わりこれまで、低品質なページやテーマは削除した方が良いだけではなく、品質を向上させるための修正をする必要があります。反対に低品質なページを削除することについて、サイト全体の品質を向上させることにつながると言われています。
一貫性がないことからも結局は、低品質のコンテンツについて削除するのか修正するのか混乱するケースもあります。Googleアップデートすることによって、低品質なページへの対応は一貫性がないばかりか、基本的なガイドラインは削除するのではなく改善させるべきです。

評価はコンテンツの量や質によってされているので、質を高めるための量調節は状況によって変わってきます。低品質なページを改善させることが現実的ではない側面から、削除してしまうことも戦略の一つと評価しています。テーマをインデックスさせたくないという時は削除するべきで、それによってサイト全体の評価が上がることも考えられます。
記事やサイト全体が、専門性に特化しているかどうかを判断させることをE-A-Tといい、あるテーマの記事を挙げるとしてそれはYMYL領域と言えます。通常は各キーワードにて関連記事や速報などを掲載している場合でも、検索順位は上位となり個人がそこへ食い込むことはとても難しいです。トレンド要素が多い専門性の高い話題は認められていて、E-A-Tが高い状態であれば検索順位で上位を取る可能性もあります。YMYL分野でジャンルキーワード検索は、多くのSEOアフィリエイターには特に知られています。

インデックスやランキングなどに関しては、サイトの種類によってコンテンツを改善できる場合もあります。多くの評価を得ている状態で、人から信頼されていることをどう判断しているかがポイントです。個人のサイトは実名や実態を公開していないケースや、あまり知られていない個人的な状態で運営しているケースでは信頼性スコアがさほど高くならないことがわかります。
YMYL領域においてE-A-T偏重の検索順位は好ましくなく、これを高める方法として長期対策で専門家としての外部リンクやSNSなどでのシェアが最も有効です。専門家は特に大きな資格を持っていることではなく、趣味が高じて専門知識を持っている人は十分E-A-Tを向上させることが可能になります。SEOから見た観点だけではなく、ブランド構築から入ることも良いです。