• ホーム
  • 被リンク対策には中古ドメインを使ってみる

被リンク対策には中古ドメインを使ってみる

パソコンを使う男性

中古ドメインを購入した時そのまま利用することもできますが、リダイレクト設定をすることが推奨されています。いくつもある中古ドメインを利用していることで、リダイレクト設定によってSEO効果をさらに高めることができるからです。
購入したらそのまま使うという方法でも、SEOの観点から見ると問題はないですし、そのまま使っている人の割合も高いです。リダイレクト設定の基本的な方法として、まず中古ドメインを購入して1ページ程度の簡単なコンテンツ記事を構築します。
サイトはインデックスにされるまで数日から2週間かかるのですが、気長にそれを待ちながら新規ドメインを取得していきます。中古ドメインサイトから新規のものにリダイレクト設定を行うことになりますが、手順さえ正しく行えばスパム設定されることは低く過去の運用の影響を受けることもありません。

リンク数をリダイレクト設定などで復元・調査することは効果があると言われていますが、被リンク対策を考えていくと簡単に行うことはリスクもあります。サテライトサイトのコンテンツ記事が飛んでいても、早めに効果を得たい時はインデックスを許容しています。
期限が切れてしまったドメインサテライトサイトのものは、ドメイントップにリンクがついていることよりも、被リンク対策としてトップにリンクがついているものの方が得策です。復元して効果的に使うことでサテライトサイトを簡単に構築できるサイトとして、過去運用のドメインランクの動きがあったとされます。
Ahrefsで認識しないものには、運営や調査の仕方を考えていく必要がありますが、過去の運用を踏まえて最適化しないと中古ドメインを取得することにも影響が出てきます。リンク数のあるドメインは最強となりますが、あえて言えばつきすぎているものも問題があるとされています。

Ahrefsの評価ランクやドメインランクは1つのサイトに対して、多くのものがついています。これには時間的な評価も反映されているので、期間を踏まえながら検証することも可能です。ディレクトリについているリンクをリダイレクトして復元することは、とても効果がありますがリンク数を考えるとリスクもつきます。
ドメイントップにリンクがついているものより、ディレクトリについているリンクの方が優良なものが多いとされています。サテライトサイトを構築するにあたって、その材料にも注目する必要があるので確認します。