• ホーム
  • Googleにインデックスされない原因とは?

Googleにインデックスされない原因とは?

クローラビリティはインターネット上にある様々なwebページを収集するプログラムのことで、Googleをはじめとして全文検索型サーチエンジンとなります。webページの情報を全て収集してインデックス化することによって、検索データベースを作成しています。
検索要求があった時はデータベースを検索して結果を表示し、クローラーが集めてきたwebページの情報を整理していきます。検索されている場合その場所から検索キーワードにあったものを取り出してくるというイメージで、それを検索結果に表示されないようにします。
もともとデータベースに入っていないので検索エンジンに自分のサイトが出てこないものは、クローラーがほとんどきておらずインデックスすらされていないことがあります。サイトにクローラーが来ているかどかをサーチコンソールで見ることも可能ですが、統計情報を開くと1日あたりのページ数などの情報を閲覧することができます。

2日に1度ほどの更新で運営されているサイトは、サイトのページ数にもよりますが全体ページ数に対してかなり低いケースが見られます。クローラーがwebページをうまく回れていないことが原因で、それを改善するための方法は広範囲になります。
回遊しやすくわかりやすいことをクローラビリティと言いますが、robots.txtやSEO対策においてもこれは非常な位置付けになっています。ここでつまずいてしまうと、noindexやその他の部分をどのくらい整えても検索エンジンに認識してもらうことが難しいです。Googleでのクローラーは人ではないので、実際にコンテンツやデザインを目で見ることはできません。

タグを読み取って質が低いかどうか、重要なキーワードのテーマなどの内容を機械的に処理します。このコンテンツ内に含まれている内部リンクや、外部リンクをヒントにしながらサイト内を巡回していきます。ここでペナルティを受けずに検索エンジンに評価されるため員は、インデックスされることが大切でクロールされないと始まりません。
サイト内のディレクトリや構造を見直します。外部リンクや内部リンクを改善することが主な解決方法で、質が低いディレクトリ構造を見直す必要があります。重要なwebページがあったとして、その階層を深くしてしまったケースではペナルティ儲けやすくなりユーザーがそのページに訪れるまでたくさんのクリックが必要となります。
robots.txtやクローラーでも同じことが言え、全てのページを巡回するわけではなくトップページからやってくることもあります。いくつかのページを経由した上で重要なページにたどり着くシステムになっていて、そこまで深く追求しないnoindexである可能性もあります。