• ホーム
  • Googleペナルティを受けた時の原因と対処法

Googleペナルティを受けた時の原因と対処法

Googleペナルティであるウェブマスターガイドラインに違反しているウェブサイトに対しては、手動ペナルティと自動ペナルティという対処法があります。
手動で行われるGoogleペナルティは、スタッフがそれぞれのサイトに訪れ目視で判定することで、自動で行われる際はアルゴリズムがリンク否認を行いガイドラインの違反を判別しペナルティを課しています。チェックの対象となる原因について、主にコンテンツの質や外部リンクの質の2つが挙げられます。
コンテンツの質については検索順位に悪影響を与えなくても、コンテンツの質が低く、価値もないと判断される場合に対象となります。例えば他のサイトのコンテンツをコピーペーストしたり、サイトのテーマがとても薄く価値が低い時がこれにあたっています。

ホームページに載せている外部リンクの質について、過剰な相互リンクやリンクを購入している場合そのように判断されることもあります。ホームページの検索順位を操作するような行為やリンクとみなされるものは全てが対象となっています。ガイドラインは何れにしても内容が広いので、特に意図した行為ではなくてもペナルティを受ける可能性があります。
手動で行われる場合は順位が大きな降格や悪影響を与えるもの、検索結果からの削除・解除という厳しい処分を受けることになります。突然検索結果で下落した時はGoogleペナルティの対象となっていないか確認する必要があります。サーチコンソールに登録しておくことで登録メールアドレスに通知が届くシステムで、検索トラフィックの画面でも違反内容を確認することができます。

対処法としてサイトの期間が終了したらサーチコンソールに届いている通知上にある、専用フォームにて再審査リクエストを送信します。フォームにどのような修正がされたかなどを書くことも大切で、はっきりした原因や厳密なルールがないので慎重に行います。この再審査リクエストは人がチェックし読むことになるので、どのような処置を受けたとしても印象を悪くするようなことは避けた方が良いとされます。再審査リクエストを送信してから、早くても数日の期間内にリンク否認の審査結果がサーチコンソールにきます。審査基準が不明瞭であり、解除するには手順が煩わしくなるので再審査リクエストはしっかりと覚えておくべき内容になります。ガイドラインに禁止と明らかに表示されている内容を元にして、手動ペナルティが課されている可能性もあります。